機動力に優れた報道ヘリが、現場の状況を素早くリアルに伝える


事件や事故、災害が発生すると直ちに現場に向かい現状を伝える報道取材。現場上空から映し出されるリアルな映像や写真は、今日のメディアで欠かせないツールとなっています。ヘリコプターや飛行機は、報道取材はもとより災害地や事故現場の視察などに大きな威力を発揮します。


報道会社様専用の機体と高い技術力で報道取材をバックアップ



いつ、どんな自体が発生するかわからない、突然の対応が求められる報道取材。
中日本航空では、報道会社様の撮影機材を搭載し、生中継も行うことができる専用の機体を報道会社様毎に契約し、運航しております。事件や災害が発生したら即座にヘリコプター・飛行機での飛行を開始できるように、スタンバイ体制を整えています。
また、その都度問い合わせていただき、専用機ではなく、弊社所有の機体で上空からの映像撮影を行うこともできます。
ヘリコプターだけでなく飛行機を使用することで、報道取材に必要な「機材の搬送」「スタッフの搬送」における、長距離運航や広域災害時などの取材を可能にできることも弊社の強みです。

中日本航空では、機体の整備や撮影機材搭載の修理・改造も自社で行っており、報道会社の多様な需要に応じられる体制を整えており、2018年現在、全国で12局契約のご契約をいただいております。