徹底した「安全」への取り組み

中日本航空では「地方整備局ヘリコプター」「消防防災ヘリコプター」の運航を受託しています。
災害の発生時や消防活動、救急活動といった、一層の安全性が問われる運航業務をサポートするため、徹底した「安全」への取り組みを行い、運航・整備サービスを提供しています。

地方整備局ヘリコプターとは

国土交通省が災害の発生時、被害を最小限に抑えるために、災害の規模、状況、範囲等を速やかにかつ的確に確認することで、早期の応急復旧活動や災害防止対策が行えるように関係機関との連帯を図り自然災害に対応し、情報収集体制をはかるために災害対策用へりが導入された。
主な活動は、災害発生初動時に広域的・機能的に被害状況の収集を行う。上空から状況の変化を監視し,地上の作業班と連携し二次災害の防止や円滑な道路交通情報の収集に努める。
災害危険箇所を定期的に監視し、異常事態に備えて緊急対策、復旧対策の策定に活用している。

国土交通省北陸地方整備局ホームページ ほくりく号の概要 より抜粋

消防防災ヘリコプターとは

市町村の消防活動、救急活動を支援するために都道府県が保有するヘリコプターである。空中消火やヘリコプター救急、災害救助活動、消防情報活動等に用いられる。
各都道府県が市町村の消防本部から消防吏員の出向を受けて消防防災航空隊を編成し行われる。
このため運用、維持については小規模な市町村にとって財政上大きな負担であるため総務省の補助制度により都道府県が市町村に代わり保有していて運航・整備は民間の航空会社や警察航空隊に委託されている場合が多い。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋


関連項目