共通

ドクターヘリ操縦士の乗務前アルコール検査における運航規程違反について

 2019年4月4日(木曜日)、ドクターヘリの操縦士が、7時30分の飛行勤務開始時に実施するアルコール検査を失念する事案が発生しました。
 当該操縦士は、運航待機開始時刻の8時30分を4分間経過後に検査が未実施であったことに気付いて、直ちに同検査を実施したところ、アルコール反応があったため、手順に従い改めて2回目の検査を実施し、アルコール反応がないことを確認したうえで、ドクターヘリ運航の業務に従事し影響はございませんでした。
 お客さまをはじめ関係者の皆さまにご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
 2019年4月1日から運用が開始されたアルコール検査において、乗員に対する検査実施方法の周知徹底と本人の自覚が不足していたことが主因であると考えております。引き続き原因を調査すると共に、アルコール検査時期の社内規則での明文化、検査方法の周知徹底などの再発防止策を講じ、再発防止の徹底、従業員の意識向上を図り信頼回復に努めてまいります。

2019年4月16日
中日本航空株式会社


共通

【お詫び】弊社のヘリコプターにおける重大インシデントの発生について(続報)

8月21日午後12時12分頃、アエロスパシアル式AS332L 型機が、北海道松前郡福島町吉岡場外からモッコ(ネット)にて荷物を吊り下げ運搬中、経路上の山中にジャンパー線(ワイヤー)2本、ブルーシート1枚、計68kgを落下させる事象が発生しました。  
落下した場所は上空および地上から確認し、けが人や建物への被害は確認されておりません。落下物は既に回収しております。  
本件により、地元の皆様をはじめご関係の方々には、多大なるご迷惑、ご心配をおかけし誠に申し訳ありません。今後、運輸安全委員会による調査に全面的に協力するとともに、原因については早急に社内調査を進め再発防止策を図り、より一層の安全運航に努めてまいります。

(2018年8月21日 お知らせ済み)

調査の結果、下記のとおり推定原因と再発防止策を取りまとめましたので、お知らせします。  

1.調査結果  
(1)概要  
工事現場とヘリコプター基地間で、工事用の資機材を運搬していたところ、網状のモッコ(ネット)で荷物を吊り下げ運搬中、経路上の山中に電線等(電線2本とブルーシート1枚を含む・約68kg)が落下しました。  
(2)離陸時の吊荷状態  
地切り時※1の吊荷状況の確認を行った際、当該荷物(電線等)が45度程度傾いており、想定していた荷姿ではありませんでしたが、荷吊り用ワイヤーに張力がかかっていたことから、運搬可能と判断しました。  
(3)落下時の状況  
当該荷物(電線等)の目通し※2箇所に荷重がかかったため、モッコ吊用ロープに荷重がかからなくなり、モッコ吊用ロープの結び目が緩んで隙間が生じ、中の荷物が落下しました。  

2.推定原因  
荷降ろし場所に安全に降下可能な長吊輸送※3とするため、3個の荷物のワイヤーをそれぞれ延長すべきところ、1個の荷物(資機材)に必要な長さのワイヤーが、地上作業員の誤認により延長されず、本来吊り上げたときの支点以外の箇所に荷重がかかり、吊荷のバランスが大きく崩れ、当該荷物(電線等)が落下しました。  

3.再発防止策  
【対策1】作業前の打合せにおいて、地上作業の役割を明確にし、すべての作業員が当日の作業内容、安全上の留意点等の必要事項を理解してから作業を開始することをあらためて徹底します。  
【対策2】吊荷状態の確認(フックにかかった状態、水平な状態《ワイヤーが片利きになっていない》、バランス、長吊り方法、目通しなど)を確認してから輸送を開始することをあらためて徹底します。また、地切り時に吊荷状態に問題がある場合は、一度荷を降ろし、再度やり直すことをあらためて徹底します。
【対策3】全てのモッコでの吊荷は荷姿に関わらず、掛けモッコ※4(ネット)またはモッコの隙間の固縛、いずれかの落下防止対策を講じることをあらためて徹底するとともに、対策を施していない荷物は、輸送を行いません。
【対策4】全作業員へ本事象に伴う再発防止対策の教育をあらためて実施します。  

中日本航空は、今後、同様の事象を起こさないよう、協力会社等と連携のうえ、策定した対策を確実に実施することで、再発防止に努めてまいります。  


※1 地切り時:荷物を地上から吊り上げる際、地表から離れた時点をいう
※2 目通し:荷物が大きく揺れることを防ぐため、隣の荷物のワイヤーをモッコに通すこと
※3 長吊輸送:荷卸ろしする場所に、立木等がある場合、現場状況に合わせワイヤーを足し輸送すること
※4 掛けモッコ:荷物の上からモッコを被せること



共通

【お詫び】弊社のヘリコプターにおける重大インシデントの発生について

8月21日午後12時12分頃、アエロスパシアル式AS332L 型機が、北海道松前郡福島町吉岡場外からモッコ(ネット)にて荷物を吊り下げ運搬中、経路上の山中にジャンパー線(ワイヤー)2本、ブルーシート1枚、計68kgを落下させる事象が発生しました。
落下した場所は上空および地上から確認し、けが人や建物への被害は確認されておりません。落下物は既に回収しております。
本件により、地元の皆様をはじめご関係の方々には、多大なるご迷惑、ご心配をおかけし誠に申し訳ありません。今後、運輸安全委員会による調査に全面的に協力するとともに、原因については早急に社内調査を進め再発防止策を図り、より一層の安全運航に努めてまいります。

平成30年8月21日
中日本航空株式会社
代表取締役社長
柴田 拓