共通

AW139型ヘリコプターのシミュレーターを導入

この度、本社(愛知県西春日井郡豊山町 県営名古屋空港内)内に、AW139型ヘリコプターフライトシミュレーター(FAA FTD Level5)を導入致しました。

2021年3月24日に整備関係のJCAB認可を取得し、近く整備士実地試験の受験を開始致します。
今後は、運航関係の認可を取得する予定です。

シミュレーター訓練は、想定される数々のトラブルを模擬でき、高品質な訓練の提供と、高い対処能力を素早く簡単に身に着ける事が可能となります。
実機に替わり、ノーリスク、低コスト、高効率、無公害のメリットを最大限に活用し、また天候などに左右されない、安定した訓練環境とサービスの提供が可能となりました。