瞬間・瞬時に計測。新しい世界へ!

TOKIは、ドローン搭載型のレーザ計測装置です。
【NETIS登録番号:CB-170020-A】

  • プログラム飛行による高効率計測
  • 300点/m2 以上の超高密度スキャン
  • 330°視野による超広角データ収集
  • 低高度計測により植生下の地表面を確実に補足
  • オンライン波形解析による複数ターゲット処理
  • 計測後約30分で速報データ提供が可能

急崖地における転石調査に有効です。
超高密度レーザ点群と当社独自の解析技術により、樹木下に隠れた転石を表現します。
得られた3次元データはそのまま対策工の詳細設計にご利用ください。



利用分野


さまざまな用途に利用可能です。

  • 道路、河川、砂防施設、圃場などでの実績が多数あります。
  • 谷間の計測では330°の視野角を活かして低高度から両斜面の3次元データを得られるため、狭小範囲や高低差の激しい場所 、切り立った山間地や断崖絶壁など、有人機では得られにくい地形でも高精度の計測が可能です。
  • 超高密度レーザにより、建造物モデル作成や航空障害といった、3Dモデリングにも適用できます。
  • プラットフォームはUAVに限定せず、車、船、人力による計測も行っており、場所を選ばずどこでも計測が可能です。
  • 災害時の緊急調査
  • 地滑り地域・断層帯など地形構造の調査
  • 道路・ダム・港湾施設管理及び設計
  • 道路防災・転石等、災害を未然に防止するための調査

リーフレットはこちら!

調査依頼・お問い合わせはこちら!


TOKIの特長


高密度

UAV(ドローン)による安定した低高度飛行性能と高いレーザ発射回数により、1mに数百点もの超高密度データを取得し、オーバーハングの地形データも把握できます。

高精度

長年培った航空レーザ測量技術をフィードバックし、高精度3次元地形データを作成します。

高分解能

高分解能データにより、地物構造の取得や変状確認、森林構造などの解析にも利活用出来ます。上空150mから、直径1cmのロープも識別可能です。

RIEGL VUX-1 UAV


重量3.6kgと軽量・小型であり、UAV(ドローン)への搭載が可能に。
リターンの反射信号を全てデジタル記録。
地上のPCで波形を見ながら検知レベルを変えることにより、複雑な処理・最適な解析による反射物の抽出が可能です。

位置姿勢制御には、有人機計測装置でも利用できるGNSSとIMU(Applanix AP20)を搭載。
当社の有人機計測システムにおける経験を活かして、VUX-1とGNSS/IMUとの統合を社内で実施できます。

計測委託サービスではVUXコンソーシアムによって、日本全国のUAVレーザ計測に対応します。


速報データ解析


災害発生時には速報データが求められます。
TOKIは、自社開発ソフト点群ビューワ Mierre(ミエール)と連携し、瞬時にデータを見える化して、計測後30分程度で速報3次元データを提供できます。
このシステムは、『次世代社会インフラ用ロボット開発(災害調査部門)※1』にて最高評価(★★★)をいただきました。

※1 一般財団法人砂防・地すべり技術センター及び、株式会社コハタとの共同エントリー



平成28年5月29日:国土交通省からの依頼により木曽三川連合総合水防演習にて実機展示を行い、徳山日出男 国土交通事務次官に実機およびデータを見ていただきました。
また、翌日に行われました中部圏インフラ用ロボットコンソーシアム主催の『災害分野のロボット説明会』にて報告を行い、注目を頂いております。




スタッフの声

スタッフの声

   東京支社 営業部

新機材で新たな計測にチャレンジ!!

・まさに空中から実施する地上レーザ計測!高品質&高密度データが、効率的に取得出来ます。
・今までの航空レーザ計測とは、比べものにならないほど高密度のデータが取得出来ます。いろんな場面で使っていきたいですね。
・国内初!フロート船による離発着場など、新しい事にどんどんチャレンジしていきます。