中日本航空の根幹を成す「空」からの測量

中日本航空の根幹を為す技術と言えるのが「空」からの測量です。
空からの測量に関する特別な想いは、数々の特化した技術開発を繰り返し行うことによりテクノロジーを進化させて来ました。その独自とも言える技術力は、ひとつひとつのサービスや製品・成果に生かされています。



航空写真測量

創業以来常に調査測量事業部の中心を為して来た技術が航空写真測量といえます。中でも航空写真撮影は自社機に搭載し、設備面でも日本最高レベルの航空カメラ(デジタルカメラ)を有しています。それらから生み出される成果は写真帳一つ挙げても、品質にこだわりを持ち、お客様に満足を与えるために「素材」にまで気を配り、他社との差別化を考えてクオリティーを上げる努力をしています。

航空レーザ測量

航空レーザ測量では、航空機からレーザを使って地表をスキャニングし、精密な3次元地形モデルを作成します。とくに、山岳地帯や危険地域等の分析資料として威力を発揮する他、開発設計での景観シミュレーションにも有効です。

中日本航空では、最先端のレーザ計測システムを揃えており、これらは飛行機にもヘリコプターにも搭載が可能です。また、レーザスキャナと共にデジタルカメラも装着します。

これらの最先端レーザ計測システム群による幅広い目的への対応、複数の航空レーザ計測用航空機(固定翼機・回転翼機)による迅速なデータ計測、長年培ったレーザデータ解析ノウハウにより、お客様の多様な要望に的確にお応えします。

SAKURAシリーズ(ヘリレーザ計測システム)

SAKURAは、波形記録方式による高密度高精細な計測が可能であり、SAKURAを用いた地形計測の手法は、航空レーザ測量として初めて地理院から地図情報レベル500の公共測量として認められ、国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)にも「高精細・高密度航空レーザ測量システム SAKURA」として登録されています(登録No. CB-100031-A )。



SAKURAの特長

  • 高密度で面的な地形データが、短期間に取得できる
  • 樹木の下の地表面の精度がよい

活用分野

地形測量、砂防事業、森林調査





リモートセンシング


リモートセンシングとは、人工衛星や航空機などに各種センサを搭載し、遠く離れたところから物体を識別したりその状態を調べたりする技術のことです。

中日本航空では、総合航空会社としていち早くリモートセンシング技術を導入してきました。自社保有のセンサを飛行機やヘリに搭載して観測、解析を行うのはもちろんのこと、お客様のセンサを搭載することも可能です。

お客様の利用目的、調査費用、作業期間等を総合的に勘案し、最適な観測方法をご提案いたします。

複合センサシステム

中日本航空は、一つのプラットフォームに複数の異なるセンサを組み合わせ搭載する「複合センサシステム」で、リモートセンシングにおける新たなデータ計測手法を提案します。

「複合センサシステム」で、たとえばデジタル航空写真とレーザ計測、熱映像/マルチスペクトルスキャナ(MSS)とハイパースペクトルイメージャなど性質の異なる情報を一度のフライトで取得することで、センサの効率的な運用が可能になります。
また、同時に取得された時間的にズレのないデータセットによって現象をより的確にとらえることが可能となります。




技術・機材

航空写真測量

  • UCXp WA(垂直写真撮影デジタルカメラ)
  • DSP(デジタルステレオ図化機)
  • LPS(デジタルステレオ図化機)
  • VirtuoZo-NT(デジタルステレオ図化機)
  • DSW 500(デジタルステレオ図化機)
  • UltraScan 5000/RFA(フイルムスキャナー)

航空レーザ測量

リモートセンシング


製品・成果



関連項目