『点群ビューワ Mierre(ミエール)』は、レーザスキャナー等により得られた高密度な三次元データ(点群)を自由な視点で閲覧できるソフトウェアです。これまでは単純な鳥瞰表示やメッシュデータとしか見ていなかった測量データが三次元のモデルのように感じられるはずです。

Mierreは、中日本航空(株)が自社開発したソフトであり、航空レーザ測量のパイオニアである技術者の処理ノウハウを提供します。さらに、測量用ソフトでは扱うことが難しいオーバーハングした崖や建物なども扱える可視化方法を取り入れ、あらゆる視点での可視化を可能とします。Mierreは単独のexeファイルで実行するため、インストールやネットワーク環境を必要しません。様々な方々に点群データを扱う機会を提供するため、気軽にご利用いただけます。


本ソフトは中日本航空株式会社のレーザデータをご利用いただいた方に無償提供しています。それ以外のお客様についてはお問い合わせください。

Mierre(ミエール)サポートページはこちら



Mierre(ミエール) システム画面



機能および特徴


点群データの読み込み

様々なシステムで取得した点群を受け入れます。点群はドラッグ&ドロップで開きます。データ形式はテキスト形式やlasなどの汎用的なものに対応します。


点群データの表示

マウスで自由に視点をコントロールできます。RGB、標高、反射強度、分類などの値で点群に着色することができ、三次元データの視認性が高まります。


点群データの表現方法

点群を点群のままに表示するのではなく、視点から死角になる点を非表示にすることや、内挿補間や陰影処理を行うことで、ポリゴンモデルに近い仕上がりになります。
オーバーハングした地形や橋の裏側など、測量ソフトでは扱うことが難しい対象でも可視化できます。


点群データの表示/地表面

中日本航空が得意とする微地形可視化技術により、植生下の地表面が驚くほど良くわかります。
植生がまるでなかったかのようなリアルな地形が現れます。


点群データの表示/三次元

オーバーハングした地形や橋の裏側など、測量ソフトでは扱うことが難しい対象でも、自由な視点で見ることができます。


点群データの表示/多彩な断面

横断、縦断を自由に作成できます。トレース型のクロス断面などの独自技術により断面での確認が楽に行えます。マスク機能により死角を取り除いて観察も可能です。


点群データの表示/2時期比較

二時期の変化を標高だけでなく、3次元で確認できます。海岸斜面の後退や地すべり変位を3次元的な動きで把握できます。また、移動土塊の平面的な動きを見つけることができるパタパタ動画も便利です


点群データの表示/特殊な表現

下層植生抽出、浸水可視化などの仮想的な表現や、ステレオペアによる立体表現、点群とsurfaceのコンビネーションなど、多彩な表現が可能です。


情報抽出・管理/簡易なGIS

微地形表現を背景に3次元ベクトルや文字を記入することができます。また、現地写真やファイルをリンク付けすることや、樹高など情報を示したポイントデータを登録できます。簡易なCADやGISとして利用できます。


動画作成 / Movie

キーフレームを登録するだけで、スムーズなアニメーションが作成できます。顧客への説明に利用できます。


点群データの表示/ポータブル

Windowsタブレットで動作します。オフィスと現場で同じデータ、同じソフト、同じ操作方法で利用できます。


Mierre(ミエール) 点群データ可視化事例



航空レーザ測量による点群データの可視化。裏側の点を非表示にし、内挿補間後に陰影を­つけることで立体感を出しています。点群の表現方法の1つです。



航空レーザ測量による点群データの可視化。裏側の点を非表示にして立体感を出していま­す。



航空レーザ測量により得られた山地斜面の可視化。地表面付近のデータを高精細に可視化­する手法(S-DEM)により、DEMでは表現できない法枠や転石などの微細な凹凸も­確認できる。ランダム点を用いるのでオーバーハングする箇所も可視化できている。



航空レーザ測量により得られた森林データから、植生下の地表面や下層植生を可視化したもの。


製品仕様


プログラム実行方法

exeとdllをコピーしたら利用できます。

システム要件 

OS:Windows Xp ~10
CPU: コア数が多い方が良い。表示速度が速くなる。
GPU: 不要
メモリ:2-4ギガ(32bit版)、4ギガ以上(64bit版)

対応点数

64ビット版は2~5億点程度の点群を一度に表示できます。32ビット版は5000万点までの点群を一度に表示できます。
点群はあまり沢山は読み込めませんが、分割ファイルの管理技術により、任意の場所のデータを自動で読み込むなどの工夫で対応しています。


利用分野


  • 航空測量・航空レーザ測量
  • 地上測量・地上レーザ計測
  • 水中測量
  • 遺跡調査
  • 砂防・深層崩壊
  • 斜面・法面防災
  • 断層調査

関連項目